Image

日本を再び離れることによって巻き起こる胸騒ぎは色んな事を示す。日本という国を世界に知って欲しい中、日本とはどんな国なのだとうと改めて考えることが増えた。日本の鍼灸の情報が余り無かった事を思い出します。日本の鍼は痛くない!と評判です。日本の鍼をどうやって広めよう、日本の素晴らしい先生方をどうやって海外に連れ出そう…!!、日本からの橋とアメリカからの橋を以下に明確に描くことが出来るだとう。毎日を大事に過ごしている今日この頃です。アメリカで得た伝統中医学を日本語にしながら、東洋医学の深みを感じています。湯薬を処方するには東洋医学的内科の診断が非常に役に立ちます。日本では湯薬を処方することは出来ない事から、内科的な診断を学校では重視していないような気がしました。

 

その国、その国のやり方が有って、その国のやり方が合わないので有れば出て行けばいいといったようなマインドが事実有る事は知っています。だけれども、時代は変わって行きます。私が最初にアメリカに一人で行った時にはファックスがメインでした。15才の初恋もファックスによる遠距離恋愛(苦笑)をしたことを思い出します。本当に今は面白い時代で色んな物が見れたりなど、余り距離を感じにくくなったと思います。今や本当に世界が舞台です。日本の鍼灸をブランド化した方がいいのではないのでしょうか?スポーツ鍼灸では本当に世界トップだと思います。国境を越えて、世界の鍼師とのコミュニケーションをもっと積極的に初めて行きましょう! 本当に世界平和を信じているので有れば動けると思うんですよね。

 

心とモチベーションが有れば伝わると思います。私は何度も国を越える引越しをして来ましたが、今回が一番辛いです。毎回想うのですが、私と関わりを持った人達には何かの種をあげて来ている事を。いいも悪いも、私はいつも人の心と向き合っています。傷を付けてしまった人もいます、でも何故か心に残ります。知って欲しいことは世界中、全ての心は通じ会うことが出来る事。全ての人々は輝く心を持っている。鍼灸治療の時間が大好きな理由はそこに私はあります。一人一人の心との繋がりで必要としている人のお手伝いが出来ることに幸せを感じます。常に厳しい現実と向き合いながら、毎日頑張って降ります。今週は引越しに当たっての見積もりを3つ会社から出して頂いています。船で6~8週間かかるそうです。

 

 

 

変わり行く世界と天気、うがいと手洗い、ビタミンC とDを忘れずに!!

Love, love, love to the World~!!!!!!

 

 

Maya Kathleen Washizu Wilson

Advertisements