アメリカ軍のヘルスケアに鍼の勢い増す

2010年11月1日

By Ms. Ashley E Braun (IMCOM, Installation Management Command)

設置管理司令局 ブラウン アシュリー

翻訳 鷲巣真也 Dipl. Master of Science in Oriental Medicine, 鍼灸師

ドイツ、バンバーグ — ヘルスケアはメリアン-ウェブスターの辞書(Merrian-Webster’s dictionary)によると「特に専門的な教育を受けた免許者が健康維持や快復を手助ける努力をする。」ウェブスター オンラインの辞書によると代替医療は「医薬に頼らない医療活動;薬草、自己認識やバイオフィードバック、鍼を含むことができる。」

代替医療の分野の中に鍼が位置する、古来中国で身体の痛みを和らげる為に皮膚に鍼を刺す活動だが、いまだに専門家の間でも生理的な痛みの軽減に対する経路が同意できないでる。しかし、研究では定量的にも質的にもポジテブな結果を治療から得ている。

米軍ヘルスケア プロバイダーはここ数年、中医鍼を責務中のダウンレンジ兵士に行ってきた。おおよそ10年前に空軍医ニュンムゾーウ氏が「戦場鍼」を創り上げたことがきっかけとしている。しかし、鍼の治癒方法はまだ軍公共や軍人用保険でもカバーがされていない。

でも時は変わり始めている。6月25日の米軍サービスニュースの記事によると軍医総監は6月23日に100以上の申請を米軍ヘルスケアに推奨したことが分かった。

この記事には「2009年8月にスクーメーカー エアリック中将が始めた疼痛管理任務軍の最終レポートに疼痛管理の軍法に包括的な欠如があると述べた。薬物療法に対する代替治療として鍼、瞑想、自己認識とヨガを示唆した。」

また、注意に事実としてモルヒネの発見が1805年にあってから、疼痛管理が余り変わっていない事がレポートに記録されている。

これはさらに米軍ヘルスケアに関心をもたらし鍼を薬物療法と組み合わせる事で代替医療が増進した。バンバーグ ヘルス クリニックの中佐ピータンソン レアリー氏は「多くの医師が鍼を追求し続けている実態はこれからの広がりを反映するであろうと私は信じています。多くの医師が訓練を受ける事で鍼治療はさらに便利になります。」

バンバーグにある米軍ヘルスクリニック、ワーナー ベラクスでは穏和的外傷性脳損傷(mTBI: mild Traumatic Brain Injury)の治療に対して耳鍼を使う数少ない病院の一つである。(Auricular acupuncture)

ジマーメン クノ先生(Dr, Kuno P. Zimmermann)はライセンス取得を持つ鍼師で12年の間この治療方法を管理してきた。「マグネットや金属性のペレット、金、銀、ステンレスは耳用鍼より望ましいのは非侵襲だからである。耳専門鍼、アスプ鍼(asp needles)と知られ、何日間は付けたままに出来るが非衛生的や野外での時間が続くと感染するリスクが少し出てくる。」

しかし承認を受けたmTBI治療法では耳鍼がこれから大きくコミュニティに広がるであろう。

現在はmTBIクリニックでは耳鍼をmTBI患者にだけ使っていて、脳震とう後の問題を薬理学的治療方法の代替医療として使われている。中佐ピータンソン氏は「mTBI体に患者の体に鍼治療する計画がないのは物理的にまだ対応出来ていない為である。」

バンバーグ ヘルス クリニックで耳鍼と全身に鍼を打つことが出来るようになる為には資源の割り当てが必要となってくると中佐ピータンソン氏は言った。

ベルシックのmTBIクリニックの神経科医Dr.ウェットメンは鍼の資格を到達する予定である。今までの研究内容を見て来た彼女は鍼治療は大いに多様の病気の苦しみを恩恵するのではないかと確信している。

患者はいくつかからの違うプロバイダーから薬を受け取る傾向が見られるとウェットメンは前記した。「私はいつも非伝統的な何かをさがしていました。沢山の薬は相互作用がある場合があります。」神経的疾患や精神的疾患から処方された薬と痛み止めの薬が干渉したり相互作用をもたらします。なので、疼痛管理をドラッグ・フリーで行うことが大事であると彼女は言う。

「若くて強い総勢に副作用や相互作用を避けて強さを残したい。」

ウェットメンは奨励を受けたのは2009年9月1日に公表に雑誌 “The American Family Physician” Vol.80 で読んだ内容だった。「頭痛が鍼治療で改善する発見と医学的管理に加えて慢性的な頭痛患者のQOLも上がった。」

「私も鍼のクラスを受けたら鍼治療を増やして行く計画と持っています。私の患者の98%が頭痛持ちだからです。

政策立案はアメリカヘルスケアの実地を見直し、一番優先が経費を引き下げることである。AAAOM(American Association of Acupuncture and Oriental Medicine)に従った出版には鍼やその他の代替医療は非常に費用対効果の高いものとさせた。研究から一部の医療専門家は鍼治療が大いにコストを下げられる事と患者をベネフィット出来る事に説得させている。

 

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

実はヨーロッパではかなり進んでることを知りました。東洋医学の発展がこれからも力強く進み続けることでしょう。地球も人々の健康も考え、これからも頑張りましょう!

耳鍼はPTSD、うつ、などの精神的トラウマから来る神への影響が原因のケースでも対応できるわけです。詳しい情報は後ほど!!  See you next time!!

 

Maya Kathleen Washizu

Advertisements