神道の教えでとても大事なことはお清めと言霊だと私は思います。仕事柄、お清めは欠かせないと思います。人の邪気は清めないとだらだらと付きまとうように、追って来るような感じがします。水でいいので必ず手を洗うことが大切です。学校では教えてくれない事ですが、鍼師としては、ショウガナイ事だと思います。いやでも私達は人の気と付き合っています。日本の鍼師の先生方で、危ない理由で精神的な病を診ない治療院が多いことを知りました。もちろん、学校でもそのような教育をしています。もしかしたら、自殺をしてしまうかも知れない、手に負えない患者になってしまう、などの心配がその背景に見られます。でもこの様な教育方だと、生徒に私達の医療の格を下げていることになっていると私は強く感じています。心の病は鍼灸で治療が出来ることを私は知っているからです。自信を持って教えてくれる先生がいれば、きっとこのテクニックも伝わり、もっと開けたサービス業になると私は思います。今や沢山の人々が心の病を持っている時代、鍼灸師が動き出さないのはもったいないと思います。

次に言霊、日本語の五十音の一音一音に神が宿っているのが、日本語です。日本語を使っている限り、私達は言霊を使っていることを実感してください。とてもシンプルです。言葉で気持ちが伝わったり、言ったことが本当になる、などは小さなミラクルですが、実は日本語に秘めた私達の宝でもあります。お隣のアメリカ人の女の子が一生懸命に日本語の歌を練習していました。その子は日本語の音がとても綺麗だから好きと言っていました。私はそれを聞いてとても嬉しくなりました。私の恩師の七沢先生は日本語を喋るだけで私達の脳は他の人類より10%も重いと言っていました。確かに、日本人のおもてなしの心や、仕事への繊細的技術は日本人特殊の素質だと思います。回り近所の国を見ても、違いがはっきりとしています。癒しの道を長く歩いて来ている中、感じる事は、その国々によって、人々のDNAレベルで続き通るトラウマがある事を実感しています。個人的な問題も多いのですが、家族、チスジによってのカルマ的病がある事を知りました。もはや、鍼灸のレベルを超えるのがここにある問題ですが、今、地球が重い病気にかかっています。

あちらこちらで地球上で症状が現れています。国を超え、地球人としての責任を人々に持って欲しいと私は強くエールを送ります。恐れや、心配を使った販売方法が取られていることを良く把握してください。心の癒しをみんな求めています。心と心のつながりをしっかりと感じる事が本当の愛と癒しがあふれ出て、恐れは大地への消え、愛となって心に戻り、元気になります。一昔のいい時代が私達のDNAにはブループリントの様に存在しています。今、鍼灸師として、代替医療の先駆けのチームの一任だということをしっかりと確信してください。鍼灸での心神治療、PTSD、トラウマ、デトックスなど、治療が可能だということを知って欲しいです。もちろん、チャレンジです。でも可能です。あなたの心が開けると周りも開きます。心が開くのを実感してください。心が開くと神を感じます。シンプルな東洋医学です。

Love Love Love to the World~!!!!!!

The time is now.

Maya Kathleen Washizu

Advertisements