土着とはネイティブを意味さしています。日本にも土着な生き方がありまして、それはそれは神秘的でキラキラ光る様な毎日を古来日本人は生きて居たそうな。細胞の一つ一つのDNA、RNAやミトコンドリアに食い込まれている様に何処か懐かしい思い出のように感じることが出来るでしょう。オミチ・オ満・お未知・お美知・お道…とあるように意味は色々とありますように、人もそれぞれ有りますが、世界中の人々が共通して感じるモノがあるとしたら何だと思いますか? 八百万の神々が居るようにそれだけ変わっている神が存在しているという事。人々がそれぞれ違うのも、八百万の違いがあるからです。実際に名乗っていくと、石の神、風の神、木の神、歌の神、春の神、掃除の神、トイレの神…などなど、色んな所でスピリッツとして神が存在しているのでないでしょうか。東洋医学では目の中を観て実際にその人の神・Shen/シェンの状況判断をしています。もちろん学校では教えてくれませんが、理論的には教科書に載っている内容です。

私はいままで吸収して来た情報をどのように人に伝えられるのだろうかと毎日の課題の様にファイスブックで呼びかけています。日本での鍼灸師の資格と学校卒業を記念にデビューをしました。今までの勉強を活かせるように自分の体を通してお伝えして行きます上、何卒宜しくお願い致します。橋渡しです。今は北アメリカの土着医学を薬草も踏まえて勉強しています。日本の神道と考えが似ていて繋がりを感じている今日この頃です。実際にまだ鍼は打てないのですが、患者さんを診ています。先ずは口鍼の訓練、そして、指先の訓練。心の訓練が一番の苦戦モノで、昔の胸の痛みが最近戻って来てしまいました。子供の時に病院に行って診てもらった事を思い出します。お父さんが連れて行ってくれました。心配しただろうなあ。私の息子も胸の痛みたまに言います。父も同じく。これこそ家系をわたりDNAを通して学ばなくては成らない事だと実感してます。人々は他人が大好きで、他人のことばかりに興味を抱いて、いかに自分が他人に似れるかを競争しているように感じます。自分の体を感じる事を忘れています。だって、痛みや傷ばかりあるから。

だけど、人は自分の心の気で細胞の一つ一つのムードを変えられるという事を体験出来ます。目のおくに潜んでいる一人一人の神・Shen/シェンと繋がると自分が何の神なのかを体験することが出来ます。誰かに教えてもらうのでは無く、自分で知ることが出来るのです!!発見です。そのまま、この気をお腹の持ってきます。女の人は子宮を創造してください。地球と繋がります。大地なる母とはこの事を指しています。実際に感じる事が出来ます。自然と手にヒカリの様な力・気感じる事が出来ます。常にこの自分の神・Shen/シェンとの繋がりの瞑想をするといいでしょう。恐れを無くし、土着のおみちが開くでしょう。体に毒を入れることを止めるでしょう。お酒もほどほどになるでしょう。心から幸せを感じる事が出来るでしょう。他人にも自分にも優しくなれると想います。

読んでくれてありがとう。

Love, Love, Love to the WORLD!!!!!!!

Maya Kathleen Washizu

Founder of woomoon

Find me on facebook: Maya Kathleen Washizu

Advertisements